夏至の近くは日が長く、チェックインしてからしばらくは緑が鮮やかな葡萄畑を
お部屋から眺めることができます。

ワインショップやカフェなどのお店の営業が終わり、
周りが静かになった頃、梅雨の晴れ間には
トラヴィーニュとアルバリーニョの畑に夕日が差し込み
しっとりとした夕暮れ時となります。

オレンジ色の夕日に照らされたぶどうの樹々の前で
行われるのはディナーへのプロローグ。

砂地に立ち、自然の風や香りを感じながらのアペリティフは
ワイナリーステイならではの体験です。