トラヴィーニュの客室は全10室。
その扉には動物の名前と足跡や羽などの模様がシルエットとして描かれています。
それぞれは醸造家掛川史人が『僕の好きなワイン』として造る「どうぶつシリーズ」の名前。
10の「どうぶつ」は、”もぐら” や ”あなぐま” など地上や地中・水中にいるものは1階に、”みつばち” “ぺんぎん” といった羽や翼があるものは2階に割り振られています。




例えば「みつばち」のお部屋には、ハチミツ色のオレンジや黄色のカラーと、はちの巣を思わせるような丸い形をした家具があり、はちのお腹のようなシマシマの椅子に座って畑を眺めると、みつばちになって空から畑を見下ろしているようです。




どの部屋からも目の前にはぶどう 畑と角田山が広がり、ゆったりとした時間をお過ごしいただけます。